Multi-document+

多彩、多様、多感、そして一本気に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『吉原手引草』

書店でバイトしています。
必然的に本に触れる機会が多くなるので、新しい本との出会いが増えました。

今年直木賞をとった『吉原手引草』も読みました。 途切れ途切れで読んだので、細かな伏線をとらえきれてない感じが自分の中にありますが、全体的にミステリアスな雰囲気が漂ったお話でした。 吉原の難しいしきたりや言葉も、きちんと解説してくれてわかりやすいです。 主人公がことあるごとにいい男呼ばわりなのも、読者をいい気分にさせますね。(笑)

単行本なのでちょっと高いですが、歴史もの好きな方とか、ミステリー好きな方にはいいと思います。
スポンサーサイト

« 長崎編1|Top|ここではないどこかへ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stayandgaze.blog107.fc2.com/tb.php/45-d5542ba9

Top

HOME

まるち

Author:まるち
静岡市在住。
音楽と歴史が好きで、たいがいマニアックで暴走気味。
一応専門は思想。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。