Multi-document+

多彩、多様、多感、そして一本気に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐和山一夜城!4

佐和山一夜城落城式見てきました~。
残念ながら、城は ハ リ ボ テ でしたが。
それなりに盛り上がってました。 雨がぱらついてどうなるかと思いましたが、無事に落城式を執り行えてよかったです。
武者姿の人が駐車場整理してました。
花火がすごかったですねー。 大きいものではなかったですが、近くで見られたので、まるで降ってくるようでした。 赤くライトアップされた佐和山城(ハリボテ)を多い隠す様は、さながら慶長5年9月18日(1600年10月24日頃)の落城の日の如し。

某ネオロマンスゲームメーカーが出した歴史アクションゲームのお陰か、妙に若い女の子(精神的に自分除く)が多くてげっそりしましたが。 ごめん、まじうっさい。
まあかくいう私だってきっかけはそこですけど。 私はたぶん小学生の頃から歴史オタクなんで。 そこらへんひとつ。

彦根にはたぶん、今年中にもう一度か二度はくると思います。 だいたい、彦根城を見てないんだもの! 入場料1000円は高いよ…。

でも佐和山城ばっかりはえこひいきだと思うので、やっぱり行っておきたいです。 むしろ行かねばならない。 私が歴史愛好者である限り。 大袈裟。

歴史といえば、静岡だって今年は大御所400年祭なんですよー。 徳川家康が将軍職を退いて、大御所として駿府城に住むようになってから400年、というわけなのです。
静岡だって誇ろうと思えば日本中に誇れる城下町なんですよー。
だから今回の彦根城400年祭みたいに、もっと盛り上がってもいいのになー、とか思うんですが。
マスコットを作ったりさ。 これでもかってくらい町中に幟立ててみたりさ。
彦根城が国宝で残ってるってのもでかいね。 きっと。
駿府城…! こればかりは私は明治日本を恨むよ。 佐和山を破壊した直政をそこ一点だけはどうしても恨みたいのと同じように。
古いものや敵だったものを歴史から抹消するための政治的判断があるとはいえ、私が生きているうちにそれらを見ることができないのは非常に悔しい。 どんなにがんばっても見られないから余計にやり場がない。
破壊の衝動は抑えることに快感があるんじゃないか。
スポンサーサイト

« それにしたってよ|Top|佐和山一夜城!3 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://stayandgaze.blog107.fc2.com/tb.php/56-617b9f42

Top

HOME

まるち

Author:まるち
静岡市在住。
音楽と歴史が好きで、たいがいマニアックで暴走気味。
一応専門は思想。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。